FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

地蔵大菩薩堂の力石(蓮田市)

記事 NO.7416    彩2020 地元では北向地蔵と呼ばれてます

2020年9月13日訪問
地蔵大菩薩堂 (蓮田市)


貝塚 地蔵堂の力石
埼玉県蓮田市史跡

01DSC_8694.jpg
昭和48年(1973年)8月再建

02DSC_8695cotr.jpg
手水鉢  奉再建地蔵堂の碑(嘉永2年)  力石2つ
武州埼玉郡 根金新田村

03DSC_8702.jpg


04DSC_8712.jpg
奉納力石□メ目


05DSC_8710.jpg

身近なところにある力石

なぜか人々に忘れ去られていきます











地蔵大菩薩堂(北向地蔵)
07DSC_8722.jpg

埼玉県 蓮田市 貝塚
Qrcode貝塚地蔵堂
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年9月13日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010   へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

天神神社 (幸手市中) の力石

記事 NO.7414    彩2020 館の守護神

2020年10月14日訪問
天神神社 (幸手市)


幸手中 天神神社の力石
力石探訪

10DSC_9621.jpg

境内に入って すぐ右にある石碑のそばに

02DSC_9624.jpg

力石がありました

03DSC_9600.jpg

一つは破損していますが

04DSC_9601.jpg

もう一つは 美しく立派な力石です

05DSC_9599.jpg

刻字はありませんが風格があります

06DSC_9602.jpg

社殿近くの碑の周りにも

07DSC_9610.jpg

いくつか 力石があるかもしれません

08DSC_9607.jpg


09DSC_9620.jpg


天神神社

    所在地 幸手市中一丁目十六番二十三号
 天神神社は、もとは裏町天神といわれ、祭神は菅原道真である。
 この神社の創建については明らかでないが、戦国時代の幸手庄の領主一色氏によって創建されたものと伝えられる。一色氏は学問の神様である天神信仰に帰依されて、幸手地方に多くの天神社を造営した。特に裏町・天神島・平須賀・神扇・上高野の五社は一色五天神と称されている。この裏町天神は一色氏館の鬼門に位置していたともいわれ、館の守護神として祀られたと伝えられている。
 以前は、裏町も天神社にあやかって天神町(現在は、住民表示により中一丁目)とよんでいたことがある。
     昭和六十三年三月
     埼玉県 幸手市








中天神神社
10DSC_9621.jpg

埼玉県 幸手市 中1-16-23
Qrcode幸手中天神神社
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年10月14日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010   へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

加倉久伊豆神社の力石

記事 NO.7410    彩2020 やっぱり力石じゃ

2020年10月14日訪問
加倉久伊豆神社 (さいたま市)


加倉久伊豆神社の力石
語りかける力石

21DSC_9455.jpg

2つの力石があります

22DSC_9462.jpg

力石は3つあるはずですが

三十四メ目の力石は行方不明です

23DSC_9476.jpg
五十メ余の力石は私たちに
様々なことを語りかけているように感じました
写真をみながらじっくり
石の声に耳を傾けたいと思います



24DSC_9458.jpg
奉納 五十メ余
嘉永七寅十一月吉日
願主 平次郎 白子金蔵



25DSC_9465.jpg
奉納石三十メ目
宝永□年 酉七月八日


26DSC_9484.jpg


久伊豆神社

久伊豆神社の御祭神は、国土開発・生成化育・子孫繁栄を掌る大己貴命(大国主命)です。
天文年間(一、五三二~一、五三三年)頃勘解田盛之という人が当地に来て田圃を拓き農人となりこの地に留まるようになったのがこの村の祖といわれています。元亀年間(一、五七〇~一、五七三年)、時の岩槻城主太田資正は、岩槻城の西方箕輪郷の一部向原を分け、村高八百七十五石を以って加倉村と改めました。その頃農人が祀っていた久伊豆大明神を村の鎮守「久伊豆神社」として神璽を奉じて中島の地に遷し祀られました。
明治五年に村社となり、翌明治六年十一月十一日本殿の落成を見、同二十九年十一月に拝殿が再建されました。
正面の扁額に久伊豆神社・稲荷社・宗像社・籠神社・水神社と掲げられており、いくつもの神様が祀られていることが分かり、それぞれの神様がこの加倉地区・加倉の人々をお守りくださっております。久伊豆神社は加倉の鎮守様(氏神様)であります。
   御祭礼日 毎年十月十九日



力石の声がきこえてきましたか?




加倉の久伊豆神社
27DSC_9485.jpg

埼玉県 さいたま市 岩槻区 加倉4-19
Qrcode加倉久伊豆神社

(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年10月14日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

力石を持ち上げる顔出しパネル

記事 NO.7405    彩2020 西遊馬氷川神社の力石

2020年10月7日訪問
西遊馬氷川神社 (さいたま市)


西遊馬氷川神社
力石と顔出しパネル

01DSC_9318.jpg


鳥居の前 左側に立派な力石

02DSC_9324.jpg


右側にも それなりの力石が2つ

03DSC_9354.jpg

そして顔出しパネルがあるんです

04DSC_9321.jpg

穴から顔を出せば
ひょいと力石を持ち上げた絵が撮れます

そんな遊馬氷川神社の力石の説明板です
05DSC_9347.jpg

遊馬の力石

 徳川家康の命により、江戸時代初期に荒川の瀬替えに着手したのが関東郡代伊那半十郎忠次です。忠次は土屋に陣屋(現在の永田邸)を設け、旧荒川を入間川の河道につなげる大土木事業を進めました。
 荒川が遊馬地区を流れるようになると、新田開発が盛んに行われるようになり、この地区は近郷有数の穀倉地帯となりました。そして、収穫の秋を迎えると、神社の祭礼では「若者組」が中心になって力比べを行いました。若者組は当時の村の行事、祭礼、共同作業の担い手であり、力比べは村人がお米の収穫を担う娯楽の一つとして催されました。力自慢の若者の名は村中の評判となり、英雄気分に浸ることができたことでしょう。
 成人男子にとって、米俵一俵一六貫(六〇キロ)の扱いは最低条件であり、力比べには三〇貫(百十三キロ)、五〇貫(一八八キロ)の「力石」が多く使われたようです。力石は収穫と結びついていたため、たいへん縁起の良いものとされています。力石による力比べは明治時代まで続きましたが、今はその力石だけが西遊馬氷川神社の境内に残されており、往時の盛況を語り掛けているようです。参詣の折には、この石に触れて、当時を偲んでいただければと思います。


鳥居の前に 力石の顔出しパネル

06DSC_9339.jpg

なんと粋なおもてなしなのでしょう

力石の文化にも活気がでてくるといいですね


07DSC_9337.jpg


氷川神社御由緒
御縁起 (歴史)

 当地は荒川左岸の低湿地にあり、古くは大風雨の際には度々堤が決壊し田畑が冠水した。
 戦国期の成立とされる「市場之祭文写」に「足立郡遊馬郷指扇村市祭成之」とあり、指扇村や当地を含む付近一帯は中世末には遊馬郷と呼ばれていたことがわかり、既に当地も開発されていたと思われる。
 当社は、地内の南部にあたる字宿に鎮座し、すぐ近くには天文十二年(一五四三)の草創と伝える曹洞宗遊馬山高城寺がある。創建については明らかではないが、口碑によると、当社は初め堤外にあったが、荒川の大囲堤を築く際に今の地に移ったという。『風土記稿』遊馬村の項には「氷川社 村の鎮守なり、華蔵院の持」とある。これに見える別当の華蔵院は、当社の南南西二五〇メートルほどの所にあった天台宗の寺院で、その開基は明らかでない。明治四年に廃寺となった。
 『明細帳』によると、当社は明治六年に村社となり、同四十年から翌四十一年にかけて、地内の字上サの八幡社をはじめとする無格社七社を合祀し、更に大正九年に字浄蓮坊の無格社稲荷社を合祀したとあるが、そのうちの数社は実際の合祀を免れている。本殿に奉安される神像(全高四七センチメートル)は正面に八幡宮の神紋である巴紋が描かれていることから、上サの八幡社の八幡大明神像と推測され、その台座底部には「安永元天辰(一七七二)ノ十二月吉日」の年紀が見える。





西遊馬の氷川神社
08DSC_9362.jpg

埼玉県 さいたま市 西区 西遊馬235-1
Qrcode西遊馬氷川神社
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年10月7日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古櫃の力石

記事 NO.7392    彩2020 深谷の力石

2020年9月5日訪問
古櫃神社 (深谷市)


古櫃神社の力石
中新戒の神社

01DSC_8172cotrho.jpg

参道右手に力石があります

03DSC_8183.jpg


04DSC_8181.jpg

古櫃神社(新戒)

 全国で唯一の社名をもつ当社は、新戒の鎌倉街道北側に鎮座している。
創建は鎌倉期秦河勝の裔で、新開荒次郎忠氏が肥沃な当地に館を構え、祖神の大荒明神を勧請し、伝来の社器を櫃に入れて社の下に納め、館の守護神としたことによると伝える。
新開荒次郎忠氏は鎌倉時代丹党の旗頭で、源頼朝の重臣なり。
 永禄年中深谷上杉氏に属す。深谷上杉氏は北条氏に協和しており、北条氏が亡ぶと新開氏も深谷上杉氏とともに亡んだが、四国に移った一族は阿南市牛牧城主となり、地域発展に貢献し、城跡には新開神社がある
 年間の祭事は、春・秋の祭りなどあり、五穀豊穣と報賽の祭りが行われ、七月の八坂祭は特に盛大に行われ、市内最大の神輿を渡御して健康を祈る。

             平成十五年九月  深谷上杉顕彰会



05DSC_8179.jpg

裏面にも文字が刻まれています

06DSC_8189.jpg



02.jpg
力石
古櫃神社




07DSC_8175.jpg
この力石は三十貫あり
中下新戒若連の
力試し体力作りに
なったものです
一九八七年






08DSC_8195.jpg







古櫃神社(新戒)
03DSC_8183.jpg

埼玉県 深谷市 新戒300
Qrcode古櫃神社
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年9月5日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



彩の国埼玉再発見!
ゆっくり歩こう深谷市
令和2年力石風景 お散歩埼玉
埼玉力石めぐり 深谷歴史散歩


(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ   
 

椿の力石

記事 NO.7358    彩2020 忘れつつある力石

2020年8月4日訪問
椿川中島集会所 (杉戸町)


正徳の力石
稲荷神社

51DSC_6705.jpg

今から305年前に奉納された力石

過去に立てて保存されたのに 忘れられつつあります

52DSC_6693.jpg

庶民の歴史を知る 大切な文化遺産です

大切にしていきたいですね

53DSC_6696.jpg

「奉納力石三十 正徳五未 天 四月吉日」

54DSC_6708.jpg

集会所にあっても説明板がないと忘れ去られていきます







椿川中島集会所(椿川中島稲荷大明神)
55DSC_6690.jpg

埼玉県 北葛飾郡杉戸町 椿1822
Qrcode椿川中島集会所
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年8月4日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



彩の国埼玉再発見!
ゆっくり歩こう杉戸町
令和2年石風景 お散歩さやま
埼玉力石めぐり 杉戸歴史散歩


(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ   
 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

大袋白髭神社の力石

記事 NO.7357    彩2020 今日も何故か ちから石

2020年8月6日訪問
大袋白髭神社 (川越市)


5つの重い力石
近くの世界に

21DSC_7347.jpg

近くの世界に旅に出ようか~♪

それとも力石を担いで境内を歩いてみようか~♪

22DSC_7373.jpg

今ではみんな忘れてしまった力石

近くの神社に力石を探しにいこう


白髭神社で5つの力石に出会いました

23DSC_7349.jpg

刻字が確認できるのはひとつ 

24DSC_7344.jpg

残りの石は文字が消えてしまったのか もともとなかったのか?

25DSC_7341.jpg

刻字のない力石も 大切に保存されていると嬉しくなります


最後に 明治7年に奉献された手水鉢です

26DSC_7367.jpg

盃状穴がたくさんあります


これが日本だ 私の国だ






大袋白髭神社
27DSC_7371.jpg

埼玉県 川越市 大袋258-1
Qrcode大袋白髭神社
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年8月6日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



彩の国埼玉再発見!
ゆっくり歩こう川越市
令和2年石風景 お散歩さやま
埼玉力石めぐり 川越歴史散歩


(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ   
 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

この石なんの石たからの石

記事 NO.7355    彩2020 正体不明石

2020年8月6日訪問
氷川神社 (狭山市)


気になる石
この石の正体は...

11DSC_7286.jpg

消防署のとなりの神社

12DSC_7278_2020081207061132a.jpg

鳥居の下に謎の石

13DSC_7276.jpg

力石だったら ここに置かれていても 不思議ではないが...

14DSC_7279.jpg

力石でないとしたら

なんなんだろう?

15DSC_7280.jpg


消防署の裏にも

わけのわからい石が二つ

16DSC_7284.jpg

謎の石

17DSC_7290.jpg

気になる石だ~





青柳の氷川神社
18DSC_7277.jpg

埼玉県 狭山市 青柳475
Qrcode青柳氷川神社
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年8月6日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



彩の国埼玉再発見!
ゆっくり歩こう所沢市
令和2年石風景 お散歩さやま
埼玉力石めぐり 狭山散歩の写真


(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ   
 

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

狭山の力石

記事 NO.7354    彩2020 埼玉の力石

2020年8月6日訪問
亀井神社 (狭山市)


下奥富の石
亀井神社

00DSC_7317.jpg

亀井神社の由緒

01DSC_7315.jpg

大きな石が二つあります

02DSC_7299.jpg

置いてある場所から力石でしょう

03DSC_7297.jpg

刻字を探してみましょう

04DSC_7310.jpg

右側の大きい方には刻字が見つかりません

05DSC_7309.jpg

左側の石はどうでしょうか?

06DSC_7300.jpg

刻字のようなものがあります!

06DSC_7308.jpg

「奉納 四十八メ目」

07DSC_7303.jpg

多聞院の力石でもそうでしたが

この辺りの力石は楕円形をした玉子型というより

少し角ばった石が多いです



埼玉県内でも地域によって力石の形に違いがあるようです

これは川(江戸時代の流通)に関係があるようです








下奥富の亀井神社
08DSC_7330.jpg

埼玉県 狭山市 下奥富1465
Qrcode亀井神社
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年8月6日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



彩の国埼玉再発見!
ゆっくり歩こう所沢市
令和2年石風景 お散歩さやま
埼玉力石めぐり 狭山散歩の写真


(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ   
 

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR