FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

誠之堂・清風亭

記事 NO.7404    彩2020 風格ある歴史的な建造物

2020年9月訪問
大寄公民館 (深谷市)


誠之堂と清風亭
移築保存された大正の建物

DSC_8671.jpg

2棟の建物は
取り壊し寸前(平成9年10月)のところで
深谷市への移築保存が決まりました


誠之堂(せいしどう)
DSC_8662.jpg
国指定重要文化財

大正5年(1916)に第一銀行が所有していた「清和園」に
渋沢栄一翁の喜寿を記念して建てられました
平成に入り東京 世田谷から移築されました



清風亭(せいふうてい)
DSC_8659.jpg
埼玉県指定有形文化財

大正15年(1926)に第一銀行頭取だった
佐々木勇之助翁の古希を記念して建てられました



2棟の建物は 渋沢栄一翁との
由緒が深いばかりでなく
近代日本建築史をかざる
文化的価値の高い建物です

EIICHI180-2.jpg

誠之堂・清風亭(大寄公民館)
DSC_8674.jpg

埼玉県 深谷市 起会84-1
Qrcode誠之堂清風亭
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

稲荷神社の可堂桃井先生碑

記事 NO.7401    彩2020 桃井可堂の天朝組 渋沢栄一の慷概組(こうがいぐみ)

2020年9月訪問
北阿賀野 稲荷神社 (深谷市)


可堂桃井先生碑
栄一は碑陰の文を草し揮毫

51DSC_8588.jpg

桃井可堂は現在の深谷市北阿賀野に生まれました
名は儀八 雅号は可堂といいます

碑の除幕式(昭和2年10月22日)
52DSC_8586.jpg

可堂桃井先生碑

慷慨国を憂ひ率先義を唱へ、時運未だ会せず謀成らずして身を殞し、英魂慰する所なかりしも、適昭代の隆運に遭ひて恩賞枯骨に及ぶ、吾が可堂桃井先生の如きは寔に生前に否にして死後に泰なるものと謂ふべし、先生諱は誠、通称は儀八、字は中道、可堂は其号なり、享和三年八月八日武蔵榛沢郡北阿賀野村に生る、本姓は福本、忠臣新田氏の後裔なり、父諱は守道、世々農を業とす、先生幼より好みて稗史野乗を読み、能く其要を記す、一日父先生に謂て曰く、汝をして大儒に就て修学せしめんと欲するも、家貧にして資なきを如何せんと、言畢りて撫然たり、先生も亦切歯涙を垂る、時に甫めて八歳なり、幾もなく郷儒渋沢仁山に就て学ぶ、仁山深く望を属す、年二十二、蹶然江戸に遊び、東条一堂の門に入り、清川八郎・那珂梧楼と併せて三傑と称せらる、業成り帷を下して教授す、名声日に揚り交道月に広し、庭瀬侯賓礼を以て先生を聘し、亀山侯も亦師事せり、嘉永六年米艦渡来し、物情騒然たり、先生感ずる所あり、藤田東湖に因りて書を水戸烈公に上らんとす、適東湖の死に遭ひて果さず、尋で米国の通商強要、安政戊午の大獄等ありて、幕政日に非なり、先生慨然職を辞して郷に帰り窃に名族岩松某を推して謀首と為し、兵を挙げて外人を掃攘し、一挙幕府を倒さんとす、某期に臨み遅疑して起たず、事漸く漏る、先生責を一身に負ひ、衆に代りて川越藩に自首す、幕府先生を江戸に檻送し福井藩邸に幽す、先生憂憤自ら食を絶ちて死す、実に元治元年七月二十二日なり、享年六十又二、巍然たる大節、真に忠臣の裔たるに恥ぢずと謂ふべし、諡して義道院猛雲至誠居士と云ふ、麻布光専寺に葬る
大正天皇登極の年、特旨を以て正五位を追贈せらる、是に於て戚族相議し駒込吉祥寺に改葬す、先生二男あり、長は之彦、畳山と号し、次は直徳、山東と号す、明治の初予大蔵省に勤務するに及び、二人を薦めて民部・大蔵両省に奉職せしめしに、頗る循吏の聞ありしが、不幸短命にして倶に世を蚤くせり、山東五男あり、長可雄は早く横浜の渋沢商店に入りて、生糸輸出の業に従ひ、季健吾は石井氏を冒して現に第一銀行副頭取たり、是亦予の推薦する所にして、倶に経済界に令名あり、忠誠の報空しからずと謂ふべし、頃日八基村教育会、碑を村社の境域に樹て、其義烈を顕揚せんとし、文を予に嘱す、嗚呼、先生と同憂の士多くは玉砕し、其子其孫亦既に地下に入りて、相見る能はざるものあり、予は郷閭先生と相近く、壮時同じく尊攘を以て念とせしも、故ありて事を共にせず、瓦全今に至る、偏に聖世の恩沢に因ると雖も、亦曷ぞ命長くして悲傷多きの歎なきを得んや、往時を追懐して悵然たること之を久しうす
  昭和二年五月 正三位勲一等子爵 渋沢栄一撰并書


53DSC_8587.jpg
正三位勲一等子爵澁澤榮一書

稲荷神社・菅原神社(天神社)改築記念碑
54DSC_8583.jpg

稲荷神社・菅原神社(天神社)改築記念碑

 深谷市北阿賀野一番地に鎮座する稲荷神社は倉稲魂命を御祭神と仰ぎ祀り五穀豊穣の神として先祖代々尊崇篤く現在に及んでいる。創建については風土記稿などによれば徳川氏関東に入国の頃との記述があることから四百年以上の歴史があるものと思われる。菅原神社(天神社)は宝暦十三年(一七六三)の建立と記されている。
 旧社殿内の棟木や記念誌からは御殿が明治二十六年に造営され大正十五年に改築し、その後昭和五十一年に氏子延百二十人の出役による改修事業が行われたなどの記録が残されている。
 境内には昭和二年に當地出身の偉人桃井可堂の顕彰碑が澁澤榮一翁により建立されている。社名の扁額も翁の揮毫によるものである。
 又戦争で尊い命を国家に殉じた英霊と従軍者の扁額が昭和三十九年に奉納され平和の尊さを今に伝えている。
 當神社は稲荷様として氏子に親しまれ豊作や商売繁盛・家内安全などを祈願する祭祀のみならず境内でのスポーツなど住民の交流の場として心の拠となっていた。しかし老朽化も著しく幾度となく修復も試みられてきた。
 この状況を憂い平成二十五年九月地元出身の実業家石坂好男氏により両神社の改築並びに境内の整備を寄進したい旨の申し入れがあり氏子総意の下、有難くこれを拝受し、平成二十六年六月起工・平成二十七年六月竣工の運びとなった。
 誠に氏子の喜び此の上なく尊崇篤くして地域の振興を子々孫々の繁栄を祈願してやまない。
 茲に石坂好男氏への報徳とその功績を後世に永く伝えると共に本事業の施工業者並びに協力・奉賛頂いた全ての皆様に衷心より感謝の誠を捧げてこの記念碑を建立する。
   平成二十七年六月吉日
     北阿賀野稲荷神社宮司 宮壽照代
     同          氏子一同


社名の扁額も渋沢栄一の揮毫によるものです

55DSC_8594.jpg

子爵澁澤榮一謹書「稲荷神社」

56DSC_8595.jpg





EIICHI180-2.jpg

北阿賀野の稲荷神社
DSC_8584.jpg

埼玉県 深谷市 北阿賀野1
Qrcode北阿賀野稲荷神社
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

ここにもあった渋沢栄一謹書の扁額

記事 NO.7400    彩2020 血洗島諏訪神社の目と鼻の先

2020年9月訪問
南阿賀野 葦原大神社 (深谷市)


南阿賀野葦原大神社の扁額
真新しい社殿に渋沢栄一の扁額

91DSC_8501.jpg
平成28年10月に竣工した社殿

明治12年に改築された社殿が老朽化したため
平成の改築が行われ平成28年10月に完成しました

92DSC_8494.jpg

旧社殿(明治12年に改築された社殿)の改築にあたっては
栄一の援助があったと思われます

93DSC_8502.jpg

平成28年まで旧社殿の中で大切に掲げられていた栄一の扁額が
新しい社殿の扁額となっています

94DSC_8497.jpg

子爵澁澤榮一謹書「葦原大神社」

95DSC_8498.jpg

4年前まで暗い屋内で保存されていたため印まではっきり綺麗です

当時の姿を見ることのできる唯一の扁額です


これからは風雨にさらされ劣化が進んでいくことでしょう




EIICHI180-2.jpg

南阿賀野の葦原大神社
96DSC_8506.jpg

埼玉県 深谷市 南阿賀野
Qrcode葦原大神社
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

血洗島諏訪神社 本殿の扁額

記事 NO.7399    彩2020 血洗島の鎮守様

2020年9月訪問
血洗島 諏訪神社 (深谷市)


血洗島諏訪神社 本殿の扁額
ふるさとを大切にした渋沢栄一

81DSC_8442.jpg

この本殿は 明治四十年九月に竣工したもので

渋沢栄一と村民が費用を折半して造営されました

82DSC_8444.jpg


83DSC_8447.jpg

本殿の扁額

84DSC_8438.jpg

渋沢栄一翁謹書「諏訪神社」

85DSC_8445.jpg

正四位勲二等男爵澁澤榮一謹書

86DSC_8445cotrho2.jpg




87DSC_8491.jpg

諏訪神社修繕記念碑

 当社は、その創立の年代を詳らかにしていませんが、かつては諏訪大明神ととなえ、信州諏訪の地より勧請したものと伝えられています。江戸時代には岡部藩主安部氏の崇敬するところでもありました。
 現在の本殿は、明治四十年九月に竣工したもので、郷土の偉人澁澤榮一翁と当時の血洗島村民が費用を折半して造営されました。さらに現在の拝殿は、榮一翁がその費用を全額負担して造営され、大正五年九月に竣工したものです。以後代々の氏子により厚く崇敬されてきました。
近年におきましては、清水川の改修(平成十一年度~十六年度)、青淵公園の整備(平成十七年度~二十一年度)、県道の拡幅(平成十五年度~二十三年度)など、大工事が相継いで行われ、郷土の姿も大きく変貌し、新たな発展が望まれることとなりました。
これも偏に血洗島開創以来の先人の努力の賜であり、改めて感謝の誠を捧げたいと思います。こうした中、当社においては、代々の氏子総代長を中心に修繕整備が進められ、今日に至っています。
主なものを挙げると、次の通りです。

天皇陛下御在位六十周年記念植樹   昭和六十年  林   輻一
本殿玉垣の改修           昭和六十四年 林   輻一
本殿並びに拝殿の修繕・天神社の修繕 平成五年   笠原 経吾
社務所(ふれあい会館)の新設    平成七年   福島 菊雄
獅子頭の修繕            平成十年   吉岡  茂
境内の整備・水道の敷設       平成十三年  吉岡 利雄
拝殿屋根の葺き替え         平成十六年  澁澤 信一
水屋の修繕             平成十七年  澁澤 信一
のぼり旗掲揚器の新設        平成十八年  澁澤 信一
参道の整備             平成十九年  安澤 滋甫  
二の鳥居の修繕           平成二十年  安澤 滋甫
太鼓の修繕・獅子舞踊場整備     平成二十四年 澁澤 忠夫

平成二十五年四月からは注連縄と本坪鈴の新調・のぼり旗の修理・境内の測量・玉垣の新設・南側及び西側斜面の土留め・雑木の伐採伐根・大雪害を受けての本殿鬼瓦の新調並びに内部白壁落下の修繕等の事業を進め、いまここに完了することが出来ました。これを機に近年における修繕整備等の記録をできるだけ明らかにして石に刻み、幾多の先人の努力の跡を偲ぶとともに、これを後世へ伝えようとするものです。

平成二十六年甲午 十一月十一日 澁澤榮一翁 祥月命日の日
     血洗島諏訪神社氏子総代長  設楽政男 撰





EIICHI180-2.jpg

血洗島の諏訪神社
05DSC_8411.jpg

埼玉県 深谷市 血洗島117-6
Qrcode血洗島諏訪神社
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

立派な扁額とハートいっぱいの拝殿

記事 NO.7398    彩2020 彫刻扁額と猪目拝殿

2020年9月訪問
血洗島 諏訪神社 (深谷市)


諏訪神社の扁額と拝殿
渋沢栄一ゆかりの神社

05DSC_8411.jpg

鳥居の扁額をご覧ください

62DSC_8418.jpg

立派な彫刻が施されています
屋根まで付いています

このような立派な扁額の様式の名称をご存じの方
教えてくださ~い


澁澤榮一謹書「諏訪神社」
63DSC_8413.jpg


64DSC_8419.jpg

村人たちの栄一翁に対する報恩がよく現れている扁額です

本殿にも栄一謹書の扁額が掲出されています(後日紹介予定)



ここからは大正5年に栄一が寄進した拝殿の写真です

65DSC_8422.jpg

この拝殿にはハート模様がたくさんあります
日本古来から使われている猪目模様です
災いを除き 福を招く意が込められています

66DSC_8460.jpg

猪目(ハート)模様が確認できますか

67DSC_8450.jpg

様々なところにハートが使われています

68DSC_8451.jpg

全部でいくつあるのでしょう?

69DSC_8452.jpg

たくさんあるので私には数えられませんでした

70DSC_8454.jpg

本当にハート模様がいくつあるのでしょうか?

71DSC_8457.jpg

正確に数えると何か意味のある数字が表れるかもしれません

72DSC_8449.jpg

ハート模様に隠された 数の謎に迫ってみるのも楽しいと思います



EIICHI180-2.jpg


血洗島の諏訪神社
05DSC_8411.jpg

埼玉県 深谷市 血洗島117-6
Qrcode血洗島諏訪神社
(Mapion地図にアクセス)






撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

渋沢栄一と鹿島神社

記事 NO.7397    彩2020 論語の里

2020年9月訪問
下手計鹿島神社 (深谷市)

扁額と月桂樹
鹿島神社で栄一に触れる

25DSC_8301.jpg

少年栄一が毎日通った道
藍香塾にほど近い道沿いに鹿島神社があります

42DSC_8238.jpg
鹿 島 神 社

 下手計の鎮守社で、拝殿には渋沢栄一揮毫になる「鹿島神社」の扁額が掲げられている。
 境内には、栄一の師である尾高藍香の偉業を称える頌徳碑が建立されている。
 この碑のてん額は徳川慶喜公の揮毫、三島毅文学博士(号 中洲)の撰文によるものである。
 今では朽木となったが、大欅の根元に湧いた神水で共同風呂が設けられていた。栄一の母、栄はこれを汲み、らい病患者の背を流したと伝えられている。
 栄一手植えの月桂樹と長女穂積歌子が植えた橘があり、その由来を記した碑がある。
    深谷市教育委員会


コロナ禍令和2年9月の鹿島神社拝殿
43DSC_8247.jpg

扁額は拝殿に掲げられています

44DSC_8245.jpg

渋沢栄一揮毫の扁額
45DSC_8239.jpg

従三位勲一等男爵澁澤榮一謹書

46DSC_8239cotr.jpg


渋沢栄一お手植えの月桂樹
ひこばえがたくさん出てます

47DSC_8278.jpg

男爵澁澤榮一閣下記念植樹
大正五年九月

48DSC_8298.jpg

元気よく育ってます
葉を2、3枚失敬して カレーに入れて
渋沢栄一にあやかるのもよいですね


 関連記事

 文化遺産 藍香尾高翁頌徳碑

 鹿島神社 空洞の大欅

 下手計鹿島神社の橘



下手計の鹿嶋神社
38DSC_8215.jpg

埼玉県 深谷市 下手計1145
Qrcode下手計鹿島神社
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED


日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

鹿島神社 空洞の大欅

記事 NO.7396    彩2020 欅の空洞の底に井戸

2020年9月訪問
下手計鹿島神社 (深谷市)

慈悲深い栄一の母
人に忌み嫌われている人に対してもやさしい

37DSC_8295.jpg

境内に入ると屋根に守られた空洞の大欅が目に入ります

32DSC_8217.jpg

明治40年に樹木の一部が 枯損したため 幹半ばから切られてしまいました

33DSC_8218.jpg
鹿 島 神 社

 創立年代は不明だが、天慶年代(十世紀)平将門追討の際、六孫王源経基の臣、竹幌太郎がこの地に陣し、当社を祀ったと伝えられる。以降武門の守とされ、源平時代に竹幌合戦に神の助けがあったという。享徳年代(十五世紀)には上杉憲清(深谷上杉氏)など七千余騎が当地周辺から手計河原、瀧瀨牧西などに陣をとり、当社に祈願した。祭神は武甕槌尊で本殿は文化七年(一八一〇)に建てられ千鳥破風向拝付であり、拝殿は明治十四年で軒唐破風向拝付でともに入母屋造りである。境内の欅は空洞で底に井戸があり、天然記念物に指定されていたが、現在枯凋した。尾高惇忠の偉業をたたえた頌徳碑が明治四十一年境内に建立された。
  昭和六十年三月  深谷上杉顕彰会    (第二十二号)


34DSC_8275.jpg

太い幹の内部には昔から井戸があります

35DSC_8263.jpg

この井戸水は万病に効くといわれています

36DSC_8259.jpg

そのため 境内には共同浴場があり
多くの村人がその霊水浴びに来ました

25DSC_8301.jpg

ある日 栄一の母おえいが近所の人たちと
入浴しているところへ 女のらい患者が来ました

入浴していた人たちは みんな逃げてしまいましたが
おえいだけは後に残って 背中まで流してあげたという
慈悲深いおえいの行いが語り継がれています




下手計の鹿島神社
38DSC_8215.jpg

埼玉県 深谷市 下手計1145
Qrcode下手計鹿島神社
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED


日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

文化遺産 藍香尾高翁頌徳碑

記事 NO.7395    彩2020 市指定有形文化財

2020年9月訪問
下手計鹿島神社 (深谷市)

藍香尾高翁頌徳碑
尾高惇忠の徳を称えた碑

21DSC_8219.jpg

鹿島神社は下手計村の鎮守で
栄一の師である尾高藍香の偉業を称える頌徳碑があります

22DSC_8228.jpg


23DSC_8300.jpg
藍香尾高翁頌徳碑について

 尾高惇忠を敬慕する有志によって建てられたこの碑の除幕式は、明治四十二年(一九〇九)四月十八日に挙行されました。
 おりから桜花満開の当日、澁澤栄一はじめ穂積陳重、阪谷芳郎、島田埼玉県知事など、建設協賛者である名士多数が臨席されました。その際、尾高惇忠の伝記「藍香翁伝」が参列者一同に配布されたのです。
 碑の高さは約四・五メートル、幅は約一・九メートル、まさに北関東における名碑の一つです。石碑の上部の題字は、澁澤栄一が最も尊敬する最後の将軍、徳川慶喜によるものです。碑文は三島毅、書は日下部東作、碑面に文字を刻む細工は東京の石工・吉川黄雲がそれぞれ当たりました。
 郷土の宝物であるこの名碑を大切にし、藍香翁はじめ先人の遺徳を偲び、共に感激を新たにいたしましょう。
    平成十七年十月


24DSC_8224.jpg

題字は 徳川慶喜によるもの

25DSC_8226.jpg

いつまで見ていても飽きない 素晴らしい碑です

26DSC_8223cotr.jpg

藍香尾高翁頌徳碑

藍香尾高翁頌徳碑   従一位公爵徳川慶喜篆額
西武有君子人、曰尾高翁、々少時遭人倫之変、慈母与祖父不相協、去而不帰者数年、翁泣涕往来其間、或哀請、或幾諫、蒸々克諧以復旧、親戚郷党、莫不感称焉、嗚呼孝百行之本、自此以往、翁之進退出処、皆有功徳、物故已七年、人々追慕不已、況其門人故旧乎、乃胥謀欲樹碑於村社側以頌之、謁余文、按状翁諱惇忠、称新五郎、号藍香、尾高氏、武蔵榛沢郡下手計村人、祖曰磯五郎、父曰勝五郎、並為里正、家業農商、母渋沢氏、今男爵青淵君姑也、天保元年七月某日生翁、々少聡敏強記、独学通経史、業暇教授隣里子弟、青淵君亦就学焉、嘉永中辺警荐臻、海内騒然、翁喜水藩尊攘之説、窃与四方志士交、有所謀議文久元年襲里正、而心不在焉、慶応中以嫌疑下岡部藩獄、無幾免、既而翁悔悟攘夷未可遽行、専務殖産興業、而徳川慶喜公夙聞其名、行将用之、時公奉還大政、退大阪、誠意未上達、将陥危難、翁聞之慨然蹶起、欲有所救、到信州、則官軍既在木曾、乃還、明治元年二月入彰義隊、又起振武軍、屯飯能、与官軍戦敗、匿于家、乱已平、為静岡藩勧業属吏、亡何辞帰、家居三年、民部省辟為監督権少佑、転勧業大属、兼富岡製糸場長、十年辞之、為東京府養育院幹事、兼蚕種組合会議長翁曾得秋蚕之製於信州、伝之遠邇、皆獲大利、先是青淵君創立第一銀行、翁応嘱為盛岡支店長、土人又推為商業会議所長、傍勧製藍、励染工、後歴転秋田仙台支店長、興植林会社、二十三年刱製靛之方、得専売権、翌年以老辞職、翁助青淵君掌銀行業已十五年、功労不少、且所在為斯民授業興利、不可枚挙、遂寓東京福住街、専販藍靛、暇則矻々著述、而泰東格物学、其所最注心、毎曰名教之本、全在此、三十四年一月二日病終、享年七十有二、帰葬郷塋、青淵君以妹婿作墓銘、可謂交有終始矣、元室根岸氏、生二男五女、先亡、長男勝五郎夭、次次郎出為支族幸五郎嗣、季女配養子定四郎奉祀、余皆適人、翁天資惇誠温良、与物歓洽、有器局、処艱難能耐忍、為郷党謀最忠実、歳歉則廉価糶貯穀、有紛議則懇諭和解、其他善行不可勝記、而莫不一本於至性、豈可不謂君子人乎哉、銘曰、
  維孝為本。 学術正淳。 事君則藎。 育英則循。
  述作垂後。 名教維因。 造次顛沛。 志在経済。
  殖産刱業。 大起民利。 誰言理財。 不由徳義。
明治四十年七月
        東宮侍講正四位勲三等 文学博士 三島毅撰
        正五位日下部東作書  吉川黄雲鐫








下手計の鹿島神社
25DSC_8301.jpg

埼玉県 深谷市 下手計1145
Qrcode下手計鹿島神社
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED


日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

藍香(惇忠)ありて青淵(栄一)あり

記事 NO.7394    彩2020 深谷市指定文化財

2020年9月訪問
尾高惇忠生家 (深谷市)


尾高惇忠ありて渋沢栄一あり
尾高惇忠生家

11DSC_8198.jpg

尾高惇忠(おだかじゅんちゅう)
天保元年7月27日~明治34年1月2日

通称は新五郎 諱は惇忠 雅号は藍香
年齢は栄一よりも10歳年上

12DSC_8200.jpg

この家では栄一の妻となったちよ
見立て養子になった平九郎
惇忠の娘で富岡製糸場伝習工女第一号
となったゆうが育ちました

13DSC_8206.jpg

栄一の家と惇忠の家はわずか1Kmほど
栄一は毎晩惇忠の家に通って
論語をはじめ学問を学んで帰るのが常でした

14DSC_8204.jpg

若き日の惇忠や栄一らが
ときの尊王攘夷運動に共鳴し
高崎城乗っ取りの謀議をなしたのも
この家の二階と伝わります




尾高惇忠生家
DSC_8202.jpg

埼玉県 深谷市 下手計236
Qrcode尾高惇忠生家
(Mapion地図にアクセス)





撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR