FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

花火大会2009

さいたま市大宮駅東口では、「中山道まつり」【8月1日(土)・2日(日)】が開催されますが、
2009年8月1日(土)に行われる埼玉県内の主な花火大会を紹介します。



2009年8月1日(土)第15回あげお花火大会
2尺玉、音楽花火、大スターマインが「ふるさと上尾」の夏空を彩る。

2009年8月1日(土)第57回戸田橋花火大会
対岸で行われる、いたばし花火大会と同時に開催されている花火大会。川の両岸から上がる花火は、迫力満点。

2009年8月1日(土)第6回草加市民納涼花火大会
見物会場と打上会場が至近のため、音が大迫力。

2009年8月1日(土)第26回朝霞市民まつり「彩夏祭」
3日間にわたり行われる「彩夏祭」中に開かれる花火大会は、全国でも珍しい市街地で見られる豪快で迫力満点。

2009年8月1日(土)寄居玉淀水天宮祭(雨天中止)
鉢形城址(国指定重要文化財)から打上げられる花火が幻想的な美しさを醸しだす、関東一の水祭り。荒川に浮かぶ提灯とぼんぼりに飾られた5艘の舟山車、数百の流し灯籠の灯りが川面を彩ります。



お勧めは「寄居玉淀水天宮祭」かな?
関東一の水祭りです。舟山車提灯の元祖でもあるようです。




                中山道まつり(2008年8月3日)



ここ何処クイズ

ここは、どぉ~こぉ~だぁ?


ヒントはありません。2枚の写真を見てお答えくださ~い。

写真を撮った場所をお答えくださいね♪
ガラスに反射して、私が写ってるかも?


そんなことありません。透明人間ですから。


まわりは田んぼです。


見沼田んぼではありませんよ。

埼玉情報◆←ココをクリックしても答えはわかりません。

さて、ここはどこでしょう?
正解者には、何もありません。
不正解者には、残念賞として暑中見舞いカードをゲストブックにお送りいたします(ゲストブック開設ブログのみ)。

撮影:2009年7月-埼玉県
カメラ:ニコン-Nikon D80

白蓮

ひ~らいた♪ひ~らいた♪


泥の中から清らかな花が咲きました。



撮影:2009年7月18日-埼玉県 行田市 小針2375 /古代蓮の里
カメラ:ニコン-Nikon D80

本三




感動!圧巻!の本三♪



撮影:2009年7月18日-埼玉県 久喜市
カメラ:ニコン-Nikon D80

八ツ橋(さいたま市・岩槻区)

赤い橋


岩槻城址公園の象徴ともいえる橋です。
スイレンが満開で~す。


撮影:2009年7月19日-埼玉県 さいたま市 岩槻区 /岩槻城址公園
カメラ:ニコン-Nikon D80
埼玉情報

アオバズク7月19日(さいたま市)












平成21年7月19日(土)のアオバズク
さいたま市のある公園



アオバズクの雛
すくすく育ってます。

写真は、すべてトリミングをしました。



埼玉情報◆←このブログの順位は?


アオバズク7月19日(さいたま市)
撮影:2009年7月19日-埼玉県 さいたま市
カメラ:ニコン-Nikon D80
レンズ:シグマ-SIGMA 70-300mm 1:4-5.6 DL MACRO

空翔提燈




「主役は提燈」

関東一の提燈祭り、久喜の提燈祭で撮った写真です。




空翔提燈
撮影:2009年7月18日-埼玉県 久喜市
カメラ:ニコン-Nikon D80
レンズ:シグマ-SIGMA 28-70mmD 1:2.8-4

提燈山車









久喜市の提燈祭りは圧巻でした。

写真は、夜の西口駅前ロータリで撮影したものです。
提燈には不思議な力が宿っているようでした。


日本の夏、祭りの夏、楽しみたいものです。




撮影:2009年7月18日-埼玉県 久喜市
カメラ:ニコン-Nikon D80

見沼田んぼ絶景

さいたま新都心


撮影:2007年11月18日-埼玉県 さいたま市
カメラ:ニコン-Nikon D50


テレビ朝日「ちい散歩」で、見沼田んぼが紹介されます。

20日(月)ちい散歩「緑の田園さいたま・見沼田んぼ絶景に感動」
21日(火)ちい散歩「歴史ある緑の田園風景と古民家見沼田んぼ」
時間:午前9時55分~午前10時30分

※見沼田んぼは上空から見ると竜神のように見えます。→参考

砂の万灯(さいたま市・見沼区)






砂の万灯(すなのまんとう)
市指定無形民俗文化財 昭和38年 9月14日指定

悪疫退散、五穀豊穣を祈願して村の7組が万灯を奉納したのが始まり。
組は、万灯組といわれ、木村組、西本組、東本組、中組、上中組、大上組、中本組から構成。

電線が敷設されるまでは、14日夜から15日朝にかけて村内を村中総出でねり歩いたというが、電線が敷設されてからは、万灯の巡行ができなくなり、境内に並べるだけになった。

農家が減るなど都市化による人口の変動などにより、平成5年以降は万灯の奉納は行われなかったが、
平成17年から12年ぶりに復活した。



今年は、天地人の影響か直江兼続の人形も奉納されてましたよ~。
 
 
砂の万灯(さいたま市・見沼区)
撮影:2009年7月19日-埼玉県 さいたま市 見沼区 東大宮1-13-9 /砂町地区 八雲神社


【見沼情報】
テレビ朝日「ちい散歩」で
浦和くらしの博物館民家園(緑区)と旧板東家住宅見沼くらしっく館(見沼区)が紹介されます。

月日:2009年7月20日(月)・21日(火)
時間:午前9時55分~午前10時30分

追記:
20日(月)ちい散歩「緑の田園さいたま・見沼田んぼ絶景に感動」
21日(火)ちい散歩「歴史ある緑の田園風景と古民家見沼田んぼ」



迫力!!提燈祭り(埼玉県・久喜市)








久喜駅西口ロータリーでの
提燈山車のぶつかり合いです。

迫力満点です。
祭りも盛り上がってきました。




撮影:2009年7月18日-埼玉県 久喜市
カメラ:ニコン-Nikon D80

久喜の提燈祭り

関東一の提燈(ちょうちん)祭りを紹介しま~っす。

天明3年(1783年)の浅間山の大噴火による、生活苦、社会不安などを取り除くため、豊作を祈願したのが始まりと伝えられ、220余年の歴史と伝統を誇る祭りです。

祭りは、毎年7月12日と18日に行われます。
7町内から7台の山車が繰り出され、昼間は、歴史上の人物の人形を山車の上に飾り立てます。
夜は、人形を取りはずし、山車の四面に四百数十個の提燈を飾りつけた、提燈山車に早変わりします。




ちょっとだけ、提燈山車について書きます。


提燈山車


提燈山車が完成です。歓声!


提燈山車の出発


町内を移動する提燈山車。道路標識ギリギリ!


高い電線


このお祭りのために電線も高くなってますね。


鮮やかなちょうちん


日が落ちると、ちょうちんも鮮やかに見えてきます。


山車の回転


もの凄い速さで、提燈が回転します。


燃える提燈


スピードにのった山車が急停止!提灯に火がつきます。


交差点を曲がる大きな山車


曲がるにも技術が必要です。道路は傷だらけになります。
信号機や家と大きさを比べてみてくださいね。



最大の見どころは、これからです。








撮影:2009年7月18日-埼玉県 久喜市
カメラ:ニコン-Nikon D80
プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR