FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

今市村の高札場跡

記事 NO.7426    彩2020 越生の史跡

2020年10月21日訪問
越生駅周辺 (越生町)


さらされた平九郎の首
幕末維新の史跡

21DSC_9802.jpg

越生町文化財解説板
22DSC_9795.jpg

今市村絵図 明治2年(1869)
23DSC_9798.jpg

高札場跡解説
24DSC_9800.jpg


高札場跡

 江戸幕府は往来の激しい町や村の入口や中心部などの目立つ場所に、法度や掟書などを記した板札(高札)を掲げることを定めた。
 この地方の政治経済の中心地だった「越生の今市」の高札場は、下町(現本町)の、この辺りにあった。文政11年(1828)の『新編武蔵風土記稿』には「高札場 下町の内にあり」「下町 宿の南の入口なり 是より下 河原宿迄街道に係れり」とある。
 慶応4年(1868)5月、飯能戦争で官軍に敗れ、黒山で自決した振武軍の参謀、渋沢平九郎(渋沢栄一の義弟)の首が晒されたのは、ここの通り向こうである。
 現在の越生町域に相当する17ヶ村にも、それぞれ高札場が置かれていた。大字龍ヶ谷(旧龍ヶ谷村)の秩父往還飯盛峠の登り口には、「札場」と呼ばれる地名がのこっている。
   平成27年3月  越生町教育委員会


現在 高札場跡の通りの向こうは

禅心無形流道場跡となっています

25DSC_9807.jpg

首は越生今市村の高札場付近に晒されましたが

高札場近くの法恩寺の僧侶らによって

密かに埋葬されたといわれています

26DSC_9755.jpg

その法恩寺には昭和39年に建てられた

「澁澤平九郎埋首之碑」が歴史を遺しています



平九郎の鎮魂を祈る

 関連記事: 渋沢平九郎最期の地



越生今市の高札場跡
22DSC_9795.jpg

埼玉県 入間郡越生町 越生777-1
Qrcode今市高札場
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年10月21日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

澁澤平九郎埋首之碑

記事 NO.7427    彩2020 歴史を語る石

2020年10月21日訪問
法恩寺 (越生町)


澁澤平九郎埋首之碑
昭和39年建立

31DSC_9776.jpg

澁澤平九郎埋首之碑

日本学士院会員工学博士 澁澤元治書
(澁澤元治は栄一姉の長男)

32DSC_9777.jpg


澁澤平九郎埋首之碑(陰)
33DSC_9757.jpg


(陰)

明治戊辰の年五月二十三日振武軍は義を唱えて奮戦遂に
衆寡敵せず飯能天覧山麓に敗る参謀澁澤平九郎ひとり黒山に到
り藝藩の諸兵に遭遇両三を屠り従容として自決す享年僅かに二十
有二その胴体は全洞院に葬られ首級は別に梟されしが里人これき憐
れみ密かに法恩寺に埋むすなわちこの地にして後日お首さまと稱さ
れて郷人の信仰を厚くせり平九郎名は昌忠尾高惇忠の末弟にして
武蔵国下手計村に生まる澁澤榮一の渡欧に際しその見立養子
となり克く責を果たすと共に栄一大成の渊源をなせり平九郎の
如き真に節に死したる文武両道の傑士というべく卓然たる志士
の風格は後世の範となすに足る今茲同志相謀り埋首の碑を建
てて英霊を慰むると共にその史實を後昆に傳えんとす文を余
に嘱せらるるに當り梗概を述ぶること此の如し
 昭和三十九甲辰年秋彼岸建之   埼玉縣文化財専門調査委員 山口平八撰書



法恩寺絵図
34DSC_9786.jpg


法恩寺解説
令和2年3月31日 越生町教育委員会
35DSC_9782.jpg





 関連記事: 今市村の高札場跡



松渓山法恩寺(真言宗智山派)
36DSC_9785.jpg

埼玉県 入間郡越生町 越生704
Qrcode越生法恩寺
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年10月21日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

渋沢平九郎の墓

記事 NO.7428    彩2020 越生町 渋沢平九郎のお墓

2020年10月21日訪問
全洞院 (越生町)


澁澤平九郎之墓
明治7年建立

41DSC_9853.jpg

最上段 歴代住職墓地の下

黒山に散った悲運の英傑

42DSC_9884.jpg

慶応4年(1868年) 黒山で自決した渋沢平九郎の墓

今でも訪れる人が跡を絶ちません

43DSC_9889.jpg

墓石は渋沢栄一の命によって

明治7年(1874年)に建てられたものです

44DSC_9860.jpg


澁澤平九郎之墓(渋沢平九郎の墓)

 明治七年(一八七四)年十二月、渋沢平九郎の骸は、法恩寺に埋葬されていた首とともに、東京谷中の渋沢家墓地に改葬された。その後、この墓石が建てられた。
 碑銘は次の通りである。(右)「明治元歳五月三日為所事戦 不克屠腹死時貮拾貮」、(左)「有志建之」、(裏)「発起人 東京府下 大村昇 熊谷義一 芝崎義行 金子一郎 黒岩村 横田佐平 世話人 大久保村 岡野治三郎 黒山村 浅見四郎」
 渋沢栄一は、明治三十二年六月二十五日と四十五年四月十四日の二度、墓参に訪れている。
     平成三十一年三月   越生町教育委員会



45DSC_9888.jpg


46DSC_9873.jpg
渋沢栄一も眺めた
墓地最上段からの眺め

47DSC_9861.jpg
明治45年4月14日
平九郎の墓参に訪れた渋沢栄一一行


48DSC_9847.jpg


全洞院

 岩松山全洞院は龍ヶ谷の曹洞宗龍穏寺の末寺で、開山は龍穏寺六世喜州善欣、第四十四世洞嶽石瑞の中興と伝わる。当地黒山は中世以来、修験の先達山本坊の勢力下にあった。「全東院」「善東院」と書かれた例もあり、元々は山本坊の本坊、熊野神社の東に開かれた修験寺院であったと推定される。
 境内墓地には渋沢平九郎の墓がある。平九郎は飯能戦争を戦った旧幕府軍の振武軍の参謀で、慶応四年(一八六八)五月二十三日、敗走途中に官軍斥候隊と遭遇し孤軍奮闘後、自刃した。ここからほど近い顔振川岸に、彼が座して割腹した「自刃岩」がある。首は刎ねられ今市(現越生市街地)に晒され、骸は全洞院に葬られた。住職は白木位牌に「大道即了居士 俗名知らず、江戸のお方に候、黒山村にて討死」と記した。村人たちは勇壮な最期を遂げた青年を「脱走様」と呼び、命日には空腹を思いやって、墓前にしゃもじを供えて弔った。村人たちは勇壮な最期を遂げた青年を「脱走様」と呼び、命日には空腹を思いやって、墓前にしゃもじを供えて弔った。
 渋沢平九郎は旧名尾高、諱は昌忠、榛沢郡下手計村(現深谷市)出身で、渋沢栄一の妻千代の弟である。栄一が渡欧する際に見立養子となり渋沢姓を名乗っていた。享年二十二歳。
 なお、本堂の前には、一時当寺の住職を勤めていた、俳人松野自得の「白梅のある夜飛びゆき星となる」の句碑がある。
    越生町教育委員会



DSC_9896.jpg
俳人松野自得の句碑
「白梅の ある夜飛びゆき 星となる」


 関連記事: 澁澤平九郎埋首之碑    渋沢平九郎最期の地





岩松山全洞院
岩松山全洞院

埼玉県 入間郡越生町 黒山734
Qrcode黒山全洞院
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年10月21日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

二十八夜塔か力石か?

記事 NO.7429    彩2020 渋沢栄一ゆかりの地めぐり

2020年10月訪問
桃井可堂塾跡 (深谷市)


桃井可堂塾
中瀬村の塾

「深谷」焼き印

深谷に行ってきました


中瀬村道路元標の近くに

江戸後期 可堂塾がありました

道路元標

可堂塾のあった跡地に行ってみると

なんと そこには資料館がオープンしているではありませんか!

DSC_0324.jpg

郷土の先人 苦学力闘の人
桃井可堂 郷土資料館

個人の資料館です
貴重な資料が展示されています

DSC_0339.jpg

桃井可堂の研究も進んでいるようです



DSC_0327.jpg

敷地内には力石のような石があります

DSC_0330.jpg

「二十八」と刻まれた文字が確認できます

DSC_0326.jpg

「力石」でしょうか?

それとも「二十八夜塔」でしょうか?

DSC_0325.jpg

「二十八夜塔」にしては文字の位置が下すぎるし
「二十八夜塔」って聞いたことがありません

「二十八夜塔」でなければ「力石」です





関連記事:稲荷神社の可堂桃井先生碑

桃井可堂塾跡
桃井可童

埼玉県 深谷市




撮影:2020年10月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

中瀬河岸

記事 NO.7430    彩2020 郷土の偉人らを生んだ河岸場

2020年10月28日訪問
中瀬河岸場跡 (深谷市)


中瀬河岸場
大いに栄えた中瀬河岸(なかぜかし)

DSC_0306.jpg

中瀬河岸場は江戸時代

武蔵国と上野国を結ぶ利根川の船着場として栄えました

DSC_0308.jpg

物資のほか 船客の乗り換え場であったため

江戸の文化や経済の情報がいち早く伝わり

「情報発信地」としての役割も果たしていました

DSC_0311.jpg

中瀬河岸場跡

 中瀬河岸は、江戸時代から明治初年にかけて、利根川筋の河岸場として大いに繁栄した。
 慶長十二年(一六〇七)に江戸城修築の栗石を中瀬から運んだ記録があり、この頃には既に中瀬からの水運が行われていたようである。その後、中瀬は周辺の物資の集積地となり、上流や下流から来た乗客や荷物を積み換えるように定められ、関所のような役割も果たしたという。最盛期には、大小百隻近くの舟が出入りし、問屋・旅籠屋などが軒を連ね賑わった。
 明治十六年(一八八三)の高崎線(現JR)の開通により次第に衰退し、明治四十三年の大洪水とその後の河川改修で河岸場の姿は失われた。  (第二十四号)
  平成五年十一月  深谷上杉顕彰会


DSC_0312.jpg

栄一らが高崎城乗っ取りを計画し

彼が江戸で調達した刀や槍の武器が

船積みされて届いたのが この中瀬河岸場です

DSC_0313.jpg
堤防より利根川を眺める






中瀬河岸場跡
DSC_0306.jpg

埼玉県 深谷市 中瀬
Qrcode中瀬河岸場跡
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年10月28日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

清河寺にあるある神社の力石

記事 NO.7431    彩2020 清河寺にあるある神社にあるある力石

2020年11月1日訪問
ある神社 (さいたま市)


四拾メ目余の力石
社名不明の神社に力石

01DSC_1188.jpg

FC2ブログ「武蔵国を散策する」
(さいたま市)西区の川越線北側 その2/5の記事を読んで

力石に会いに行ってきました

02DSC_1187.jpg

こんなところに神社があったんですね

知りませんでした

03DSC_1159.jpg

朽ち果てた鳥居の 脚元の左右に力石があります

04DSC_1182.jpg

右側の石には刻字がありませんが

05DSC_1180.jpg

左側の石には立派な刻字があります

06DSC_1168.jpg

「奉納 四拾メ目余 清河本村 喜四郎」

07DSC_1178.jpg

人目のつかないところにも

立派な力石があるんですね





清河寺にあるある神社
03DSC_1159.jpg

埼玉県 さいたま市 西区 清河寺
Qrcode清河寺の神社
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年11月1日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

西新井稲荷神社の力石

記事 NO.7432    彩2020 大宮花の丘農林公苑そば

2020年11月1日訪問
西新井稲荷神社 (さいたま市)


稲荷大明神之力石
西新井稲荷神社の力石

21DSC_1135.jpg

すぐ脇が国道17号バイパス上尾道路です

22DSC_1104.jpg

たくさん文字の刻まれた石があります

23DSC_1118.jpg

力石です

24DSC_1131.jpg

「奉納稲荷大明神力石三十メ目」

25DSC_1099.jpg

左右の刻字は判読できませんでした

石にある直線の2か所キズは刀キズでしょうか?



26DSC_1120.jpg

青面金剛に見守られている力石でした




西新井稲荷神社
21DSC_1135.jpg

埼玉県 さいたま市 西区 西新井65
Qrcode西新井稲荷神社
(Mapion地図にアクセス)




撮影:2020年11月1日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
   にほんブログ村 写真ブログへ

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR