FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

甘酒こぼし (秩父市)

祭りの宝庫 埼玉県
『甘酒まつり』・秩父市              開催日2013年7月28日(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
記事 NO.5227 
彩2013 「甘酒」

「猪鼻の甘酒まつり」
~2013年7月28日訪問~



石碑「甘酒まつり」
文化庁指定記録保存
埼玉県選択無形民俗文化財


荒川村猪鼻(いのはな)区
ここまで、秩父鉄道「三峰口駅」から徒歩約20分で到着しました。

猪鼻の甘酒まつりは、毎年7月の第4日曜日に開催されます。
甘酒を掛け合い、一年の悪病を退散させる行事です。

伝言板の案内
熊野神社夏祭り


日時
 平成25年7月28日(日)
 祭典 午前10時
 甘酒こぼし午後1時


甘酒まつり最大の見どころ「甘酒こぼし」
甘酒の掛け合いです。















 昭和35年3月1日に埼玉県無形民俗文化財に指定された「甘酒まつり」が、秩父市荒川白久の猪鼻区にある熊野神社で行われました。

 甘酒祭り
  *由来
 江戸時代中期、享保15年(1730)源清信が書いた「熊野大神縁起」によると、景行天皇の時代、日本武尊が東征の折、甲斐の国から三峰山に入り、下山の途中大猪が前を横切り、これを射止めた所、猪ではなくこの地を荒らしていた山賊であった。里人は大変よろこび、尊に濁り酒を献上した。
 尊は山賊を退治できたのは神々のおかげであると、この地に熊野神社を祭り、矢を奉納した。
 その後天平8年(736)疫病が流行したので濁り酒を甘酒に変え、それを祈願し、裸でかけあい、疫病流しとして始めたのが甘酒祭りの起源と伝えられている。この祭りは祭りの前日、麦と麹で甘酒を作り、当日祈願が行われ、参詣客に悪病除けとして振舞った後、氏子が素はだにふんどし一丁、ワラジばきで、歓声を上げ甘酒をかけ合い、一年の悪病を退散させる行事が行われる。
                                                 秩父市教育委員会




埼玉情報(にほんブログ村)◆←1日1回クリックしてください。(1日1回のみ有効)

撮影:2013年7月28日-埼玉県 秩父市 荒川白久  /熊野神社  
カメラ:ニコン-Nikon D80   (C)heihei's studio 2010(C)   へいへいのスタジオ2010



埼玉散歩  
埼玉彩発見! 埼玉県内観光 埼玉祭りめぐり 裸祭り 奇祭 秩父の祭り 三峰口 荒川局前
http://2nd.geocities.jp/heihei_2010/heihei2010/studio2010.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR