FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

古代を巡る・八幡山古墳

古代をめぐる・八幡山古墳
古墳の紹介、第2回です。


古代をめぐる②
八幡山古墳(はちまんやまこふん)

まずは、写真です。


「関東の石舞台」とも呼ばれているようです。
この石の迫力には驚きました。

全体の様子です。
土が削り取られ、石室が露出してしまったみたいですね。


江戸時代より既に石室の一部が露出していましたが、1934年11月に小針沼の干拓工事で盛土が取りさられて石室が完全に露出。その様子が、飛鳥の石舞台古墳に似ていることから、考古学者の大場磐雄氏が「関東の石舞台」と形容しました。


八幡山古墳石室復元記念之碑があります。


昭和54年に壊れていた石室が復元されたのがわかります。
埼玉県指定の史跡です。

このような碑も近くにありました。







土、日、祭日は石室の扉が開いてます。
それでは、中に入ってみましょう。




羨道(えんどう)部からから奥室が見えます。
全長は16.7メートル、奥室の高さ3.1メートル。

新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう・1804年~1829年、化政文化の時期に編まれた武蔵国の地誌)に横穴式石室の一部が露出し、石室内に八幡社が祀られていたことが記載されています。

前室から中室へとやってきました。



いよいよ、奥室です。


奥室に人が入るとサプライズがあります。(ここでは、書きませんので行ってみてくださいね。)
奥室の天井です。


1977年の発掘調査で、絹布に漆を塗り、繰り返し重ねて作られた棺の破片(乾漆棺、漆塗木棺片)が出土しました。
乾漆棺片(夾紵棺(きょうちょうかん))の出土は、奈良飛鳥地方を中心に全国でも6例しかなく被葬者はかなりの権力者とみられています。


さて、もどることにしましょう。



外に出て、石室の周りを見てきました。






石室の周りも自由にみることができます。








古墳の周りが住宅や工場なので、場所が分かりにくいかも知れませんが、
たくさんの方に見てもらいたい古墳です。




埼玉情報(にほんブログ村)◆←1日1回クリックしてください。
撮影:2010年8月29日-埼玉県 行田市 藤原町1-27-2 /八幡山古墳 

カメラ:ニコン-Nikon D80     (C)heihei's studio 2010




追記:2011.8.25
大震災の影響により現在公開を中止しています。

追記:2012.05.04
2011年11月5日(土)より公開が再開されました。

※公開は 土、日、祭日のみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR