FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

青淵由来之跡の碑 青淵の由来と意味

記事 NO.7390    彩2020 青淵由来之跡碑文

2020年9月訪問
青淵由来之跡碑 (深谷市)


青淵由来之跡
渋沢栄一の雅号「青淵」

51DSC_8600cotrho.jpg

青淵由来之跡
正二位伯爵清浦奎吾書
建碑の記

奉祝 皇太子明仁親王殿下御降誕を記念申上る為め、八基村青年団は村内の史蹟保存の事業を企てらる、血洗島支部亦其の挙に出て、故子爵青淵先生雅号発祥の跡を追慕すると同時に、利用厚生の実を挙ぐる耕地改良の整備に恵まれたる永久の幸福に感謝の誠を捧けんものをと青淵由来の跡と題し建碑の企を決議せらる、而して之れの揮毫を日本青年協会総裁伯爵清浦奎吾閣下に仰がんとせし所、夙夜世道風教の刷新振興を念とせらるゝ伯爵は、特に青淵先生と旧交を懐はれ、高齢と尊貴とを忘れて青年等の請を快諾せられたり、斯くして建碑の業進捗に伴ひ、血洗島青淵会並に大字血洗島は進んで其の企てを援け完成を期せられしは誠に機宜を得たるものと謂ふべきなり、抑も此地は元清水川の一部に属し、東西百五十米余、南北五十米の池沼の跡にして、蘆荻禽影を宿し、処々湧水あり、古来上の淵と呼ばれたるは新編武蔵風土記稿等にも載せられたる所にして、右岸の部落を血洗島字淵の上と云ひ、近世の名士子爵渋沢栄一・同喜作の君等此地に生れたるは世人の悉知する処なるか、其号を青淵といひ、蘆陰と称したるは、蓋し郷土の風物に因み各々撰ばれたる所なりと、故子爵より親しく語られたるを聴けり、昭和六年八基村昭和耕地整理組合設立せられ、干拓開道の工を加ふるに方り、地区の人々は之と連繋して由緒ある遺跡保存に意を用ゐ、一部の地を村社諏訪神社の社有地と為し、若干の風致を施こして新道に小橋を架設す、之を青淵橋と名付け永遠に記念を劃す余は耕地整理組合に長たるの名を汚し、各役員並に組合員の協力に倚りて事業完結を告げたる縁故者として、玆に建碑発起者の嘱に応じ其の顛末を識すこと爾利
  昭和十一年十月          渋沢治太郎撰書
           発起者 八基村青年団血洗島支部
                    血洗島青淵会
                     大字血洗島
清浦奎吾揮毫 栄一の甥にあたる渋沢治太郎撰書


渋沢栄一の雅号「青淵(せいえん)」は
従兄弟で栄一にとっては学問の師でもある尾高惇忠(じゅんちゅう)が
渋沢の生家の裏手に水が湧き出る青々とした
深い淵があったことにちなんで名付けたと伝えられています

52DSC_8598.jpg


昭和12年(1937) 渋沢栄一生家近くの淵に
栄一の号「青淵」の由来を記念する記念碑が建設されました

この碑は皇太子明仁親王誕生にちなむ史蹟保存事業として
埼玉県大里郡八基村(やつもとむら)青年団により発起・建設され
除幕式が旧暦2月13日(栄一の誕生日)に相当する3月16日に行われました



淵の様子(2020年9月)
53DSC_8602.jpg

54DSC_8611.jpg

『渋沢栄一伝記資料』第1巻には
栄一本人が語った号の由来があります




青淵由来之跡の碑
55DSC_8599.jpg

埼玉県 深谷市 下手計
Qrcode青淵由来之跡
(Mapion地図にアクセス)







撮影:2020年9月
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR