FC2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

渋沢平九郎の墓

記事 NO.7428    彩2020 越生町 渋沢平九郎のお墓

2020年10月21日訪問
全洞院 (越生町)


澁澤平九郎之墓
明治7年建立

41DSC_9853.jpg

最上段 歴代住職墓地の下

黒山に散った悲運の英傑

42DSC_9884.jpg

慶応4年(1868年) 黒山で自決した渋沢平九郎の墓

今でも訪れる人が跡を絶ちません

43DSC_9889.jpg

墓石は渋沢栄一の命によって

明治7年(1874年)に建てられたものです

44DSC_9860.jpg


澁澤平九郎之墓(渋沢平九郎の墓)

 明治七年(一八七四)年十二月、渋沢平九郎の骸は、法恩寺に埋葬されていた首とともに、東京谷中の渋沢家墓地に改葬された。その後、この墓石が建てられた。
 碑銘は次の通りである。(右)「明治元歳五月三日為所事戦 不克屠腹死時貮拾貮」、(左)「有志建之」、(裏)「発起人 東京府下 大村昇 熊谷義一 芝崎義行 金子一郎 黒岩村 横田佐平 世話人 大久保村 岡野治三郎 黒山村 浅見四郎」
 渋沢栄一は、明治三十二年六月二十五日と四十五年四月十四日の二度、墓参に訪れている。
     平成三十一年三月   越生町教育委員会



45DSC_9888.jpg


46DSC_9873.jpg
渋沢栄一も眺めた
墓地最上段からの眺め

47DSC_9861.jpg
明治45年4月14日
平九郎の墓参に訪れた渋沢栄一一行


48DSC_9847.jpg


全洞院

 岩松山全洞院は龍ヶ谷の曹洞宗龍穏寺の末寺で、開山は龍穏寺六世喜州善欣、第四十四世洞嶽石瑞の中興と伝わる。当地黒山は中世以来、修験の先達山本坊の勢力下にあった。「全東院」「善東院」と書かれた例もあり、元々は山本坊の本坊、熊野神社の東に開かれた修験寺院であったと推定される。
 境内墓地には渋沢平九郎の墓がある。平九郎は飯能戦争を戦った旧幕府軍の振武軍の参謀で、慶応四年(一八六八)五月二十三日、敗走途中に官軍斥候隊と遭遇し孤軍奮闘後、自刃した。ここからほど近い顔振川岸に、彼が座して割腹した「自刃岩」がある。首は刎ねられ今市(現越生市街地)に晒され、骸は全洞院に葬られた。住職は白木位牌に「大道即了居士 俗名知らず、江戸のお方に候、黒山村にて討死」と記した。村人たちは勇壮な最期を遂げた青年を「脱走様」と呼び、命日には空腹を思いやって、墓前にしゃもじを供えて弔った。村人たちは勇壮な最期を遂げた青年を「脱走様」と呼び、命日には空腹を思いやって、墓前にしゃもじを供えて弔った。
 渋沢平九郎は旧名尾高、諱は昌忠、榛沢郡下手計村(現深谷市)出身で、渋沢栄一の妻千代の弟である。栄一が渡欧する際に見立養子となり渋沢姓を名乗っていた。享年二十二歳。
 なお、本堂の前には、一時当寺の住職を勤めていた、俳人松野自得の「白梅のある夜飛びゆき星となる」の句碑がある。
    越生町教育委員会



DSC_9896.jpg
俳人松野自得の句碑
「白梅の ある夜飛びゆき 星となる」


 関連記事: 澁澤平九郎埋首之碑    渋沢平九郎最期の地





岩松山全洞院
岩松山全洞院

埼玉県 入間郡越生町 黒山734
Qrcode黒山全洞院
(Mapion地図にアクセス)



撮影:2020年10月21日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔の人の方が気骨があったんですね(”;)

Re: No title

> 根室大喜さん

人生、勇壮な最期で締めくくりたいものです。

プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR