fc2ブログ

訪問者数:   現在の閲覧者数:

世界遺産 田島弥平旧宅

記事 NO.7442    彩2020 蚕種で栄えた島村

2020年10月30日訪問
田島弥平旧宅 (伊勢崎市)


史跡 田島弥平旧宅
富岡製糸場と絹産業遺産群

02DSC_0788.jpg

22DSC_0781.jpg



表門
21DSC_0820.jpg


主屋
田島弥平旧宅


井戸
23DSC_0793.jpg
洪水から井戸を守るため 基礎を高くしています


遠山近水邨舎
24DSC_0813.jpg
主屋の軒下には
頼 山陽 揮毫の額「遠山近水村舎」が掲げられています


貞明皇后行啓記念碑
25DSC_0816.jpg
26DSC_0817.jpg
昭和23年6月5日貞明皇后が
群馬県内各地の蚕糸・絹業施設等を御視察された際
田島弥平宅を御視察された記念に
昭和45年 5代目田島弥平氏が建立した記念碑です


銀牌
27DSC_0803.jpg
明治22年(1889年)パリ万国博覧会へ繭を出品し
銀牌を受賞しました


動画で見るいせさき 「世界遺産編」



田島弥平 年表
田島弥平年表



宮中養蚕奉仕と渋沢栄一・尾高惇忠

 明治4年、埼玉県深谷市出身で大蔵省に仕官していた渋沢栄一は、宮中養蚕の相談役に選ばれました。生家が養蚕を行っており、養蚕の知識があると見込まれてのことでしたが、任務が多忙であった渋沢栄一は、宮中養蚕の世話役として、親戚である島村の田島武平を推薦しました。翌年の明治5年には、田島弥平が世話役になるなど、これを契機として、島村の人々は宮中養蚕に深く関わるようになりました。
 渋沢栄一は、「島村勧業会社」設立の指導や富岡製糸場の建設に携わるなど、養蚕業の発展に大きな役割を果たしました。渋沢栄一の従兄弟であり、論語の師でもあった尾高惇忠は、富岡製糸場の初代場長になっています。






田島弥平旧宅
DSC_0796.jpg

群馬県 伊勢崎市 境島村2243
Qrcode田島弥平旧宅
(Mapion地図にアクセス)





撮影:2020年10月30日
カメラ:ニコン-Nikon D7500
レンズ:ニコン-AF-NIKKOR 18-140mm
1:3.5-5.6 G ED



日本再発見
にほんブログ村 写真ブログへ   

(C)heihei's studio 2010
へいへいのスタジオ2010

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

渋沢栄一繋がりで、どんどん世界が広がっていきますね。

すごいすごい。(*^_^*)

Re: No title

> torikeraさん

偉人の世界は、果てしなく広がっていますね。

渋沢栄一の素晴らしさを肌で感じています。
プロフィール

へいへい

Author:へいへい

開​設日​: ​20​06​/3​/2​5(​土)​

ヤフーブログから引っ越してきました。(2019/3/7)


四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内及び周辺の観光地・穴場スポット・力石を紹介します。


FC2 ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村


埼玉県ランキング

ツイッター:@2010_heihei

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR